SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
「ウンコしてたら呼ばれる。」の法則
0
     毎日たくさんの下剤を調剤しています。「出る」事はとても大切な事です。「したくなったら、ウンコする。」これは、生きる上での大原則です。ただ、大人はそうもいかない事が多い。警察犬のように食事もトイレも時間が決まっていてきちんとできればいいけど、そうもいかん。
     
     行為の最中の「お願いしまーす。」それはそれは、絶妙なタイミングです。決して「好機」とは言えない。「今そこにある危機」的なタイミングです。その行為には呼吸のように、リズムみたいなのがある。たとえ重要なお客さんであっても、「今は…、今は…、無理だ。」となるときがあります。

     本屋さんに行ったら「都市伝説」とタイトルを掲げた本が、たくさん平積みしてありました。私は最近まで「都市伝説」の意味を知りませんでした。イメージとして、「プロジェクトX」のようなモノを連想していました。

    「プロジェクトX 〜都市を造った男達〜」

     こんな感じで「都市伝説」を漠然と捉えてました。ぜんぜん違う。これは伝説的に出回る話しで、私が聞いた感じではちょっとホラーな話が多い気がする。夏やからかな?厳密にいうと違うらしいが、「口裂女」みたいな話しが多いです。一気に広まるうわさ話みたいなモノです。ちなみに「田舎の伝説であっても都市伝説と呼ばれる。」らしいです。

     「ウンコしてたら呼ばれる。」のような法則は「マーフィーの法則」みたいなモノで、法則と呼ぶには統計的に問題があります。一種の「あるあるネタ」です。ウンコする事によって、呼びだされる「きっかけ」を引き寄せているわけじゃない。「呼ばれるタイミングで、たまたまウンコしていた。」と解釈する方が大人です。「カゼは人にうつせば治る。」の法則も似たようなモノです。感染、潜伏、発症のタイミングのズレです。

     「ウンコしてたら呼ばれる。」や「カゼは人にうつせば治る。」の法則と、「都市伝説」等はリンクしている所があるように思う。脳神経学者の茂木健一郎氏が、「みのもんたの番組的な脳トレ」について語っていたときに面白い事を言っていました。その言葉がとてもシンプルかつ的確にこのリンクを指摘しています。

    「人は真実よりも、本当っぽいウソを信じる。」

     あ〜、なるほどね〜。さすが、脳神経学者ですね。

     言ってることが、本当っぽい。


    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「弟でも、多分届かないよ。」
    | diary | 06:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |