SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「三日坊主」
0
     続けるのが苦手です。苦手だと意識はできているんですが、そこから先に進めません。だいぶ大人にはなって来ているんですが(年齢的に)、年齢と共に改善されるような部分でもないようです。


    「続ける」技術: 石田淳(著)

     『物事が続かないのは、あなたの「意志の弱さ」とは関係ないのです。”続け方”を知っているか、知らないか…それだけなのです。』と本書の初めの方にありました。著書は行動科学の専門家のようです。 「行動科学」という言葉をしらなかったんですが、ちゃんと辞書にも載っている言葉のようです。「人間行動の一般法則を科学的に見いだそうとする学問。(大辞林)」だそうです。
     確かに自分の行動には「法則」があるように思います。「行動に法則がある」というよりも、私の場合は、「考え方がワンパターン」。複雑な事を考えているつもりでも、結果的には「考え方がワンパターン」です。
     本書には、実際に続けることができない事の事例、「英会話」「ダイエット」「禁煙」「整理整頓」「日記」等のエピソードが初めに掲載されていて、「あるあるネタ」的に面白いです。

     少し話が変わりますが、以前、私の地元に元ラグビー日本代表の平尾誠二氏が講演に来たときに、「日本人は、気合ですべてを済ませようとし過ぎだ。」という事を言っていて、すごく新鮮だった事を覚えています。野球の練習を例にとって話をしていました。『日本人のコーチは選手がエラーしてボールを落とした際に、「気合いが足らんからだ!」とペナルティでランニングをさせる。海外のコーチは「捕球の具体的な方法」を教える。』と言っていました。
     本書はまさに、「続けることができない。」という事を、「気合いが足らないから。」という日本人的な切り捨てをしているのではなくて、”続け方”の具体的な方法を示しながら書いていて納得できる点が多かったです。

     なんとなくその辺に興味がある方は、読まれて損はないと思います。
     
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次回は、「ゆるしていきたい」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「俺、足下もよく見えない。」
    | book | 01:31 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    気合いね〜、最近、へらへらしてるうちの子によく言ってる。
    「もっと気合い入れなさい」って。
     
     ここも、長い事続いててすごいと思う。
    やっぱり、意志の強さも必要だよ。
    | tatibanasi | 2008/01/25 3:34 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/578434