SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「決断力」
0
     将棋の羽生善治さんやイチロー選手は「天才」の代名詞的な人物です。いろんな本や雑誌で取り上げられます。どちらとも私と歳が近い(羽生さんは70年生まれ、イチロー選手は73年生まれで私と同じ歳。)ので、なんとなく気になる天才です。
     羽生さんについては、対談本を読んだ事があります。「簡単に単純に考える」という本です。


    「簡単に単純に考える」羽生善治

     ラグビーの平尾誠二、スポーツジャーナリストの二宮清純、人口知能の権威である金出武雄さんとの対談本です。これを読んで、タイトル通り「シンプルに考える」という羽生さんの捉え方がすごく面白いなと思っていました。ただこれは対談本なので、当然、対談者の話も混じっていて純粋に羽生さんの考え方ばかりじゃなかった。
     今回の本は、羽生さん本人が書いた本です。面白い本でした。


    「決断力」羽生善治(著)

     「決断力」という本です。タイトル的には「〜力」というちょっと流行を取り入れたような(2005年の本です。)感じですが、中身はすごく面白いです。個人的な話ですが、私はちょっと前まで読みにくいような本もやや無理して読んだりしてたんですが、今は単純に読めるモノを選ぶ傾向にあります。難しい本が高尚な事を書いているとは限らないし、なんとなく実生活に取り入れにくいというか自分に置き換えて活用できないと思うことが多かった。シンプルで読みやすい本の方が、実生活や仕事に直結した事を書いているモノが多いように思います。そういう点で本書はまず、「読みやすい」です。「簡単に単純に考える」というタイトルの対談本が出るくらいだから、羽生さん自身、あまりごちゃごちゃと難しい事は考えないようにしているようです。しかし凡人にも理解できるようにシンプルに表現できているのは、その才能の証だと思います。
     前にも書きましたが、面白い本はやっぱり「目次」が面白いです。「目次」だけで納得したり感心したりできます。

    ・勝負どころではごちゃごちゃ考えるな
    ・経験は、時としてネガティブな選択のもとにもなる
    ・直感の7割は正しい
    ・決断は、怖くても前に進もうという勇気が試される
    ・常識を疑う事から、新しい考え方やアイデアが生まれる
    ・プロらしさとは、力を瞬間的ではなく、持続できることだ

     本書で「かなり危険だと判断しても、私は、踏み込んで決断をする方だと思う。」と書いてある所があります。「見た目にはかなり危険でも、読み切っていれば怖くない。」としてます。剣豪の斬り合いで、鼻先1センチを刀がかすめるような勝負をしていても読み切っていれば大丈夫。逆に相手の刀が届かないような所にいても、自分の刀が届かない。というふうに書いてました。将棋は決断の連続です。その決断の連続を制し続けている著者が決断を下すときのリアルな感覚なんだろうなと思いました。

     そして、本書でも際だって感じたのが、先にあげた対談本の「簡単に単純に考える」という考え方です。羽生さんのお父さんは外資系の会社のエンジニアで「仕事にゆき詰まったときは整理整頓」というのが口癖だったそうです。休日でも朝から部屋の掃除をしていたようです。うるさくて眠れなかったが自分もその遺伝子を受け継いでいるようだと書いてました。勝負どころでこそシンプルに考えるというのは、出来そうでなかなかできないことです。ごちゃごちゃ考えている方が楽に思える。

     私もまず整理整頓から入ろうかな。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次回は、「整理法」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「なんだ、泣いてんのか?」
    | book | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    「天才は99%の汗と1%のインスピレーションからできている」
    by エジソン
    深い知識、努力、経験を積んだ人たちには自然とそういった決断力があるのでしょうか。
    | 薬剤師 in shizuoka | 2007/11/13 12:36 AM |

    日曜日にうちの旦那さんがよく将棋を見ています。
    私は何度か教えてもらいましたが、ルールを覚えられず、また対戦しながらルールを思い出しながらかなり時間がかかりました。。将棋って頭使いますね。

     テレビでやってる将棋のあの静けさがなんか変な感じするのは私だけでしょうか?旦那はお前だけだ。と言いますが・・勝敗が決まった瞬間のあの空気も面白い。
    勝った方がガッツポーズでもして「よっしゃ!やったー!!」くらい言ってくれればどっちが勝ったか分かりやすいのに。。。。
    | tatibanasi | 2007/11/20 3:17 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/536175