SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「番外編」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「sync」
0
    以前書いた、ピタゴラスイッチの人こと佐藤教授の著書(監修)で「日本のスイッチ」というのがあります。


    「日本のスイッチ」佐藤雅彦監修

     これは毎日新聞社が行っている携帯電話を利用したアンケート調査をまとめ、それを本にしたものです。「日本のスイッチ」については毎日新聞の本紙で見た方もいると思う。2択の質問がいくつか並んでいて、それについて携帯電話で解答する。2002年10月に開始してから現在もやってます。月曜日に質問が掲載されて→水曜日までに答えて→次の月曜日に集計結果と解説が掲載されます。

    ・選挙事務所からの「□□□候補をよろしく」の電話?
      効果あり   − 12%
      むしろ逆効果 − 88%

    ・福袋に対してあなたが抱くのは?
      お得感    − 18%
      売れ残り疑惑 − 82%

    ・くつ下を干すときは?
      つま先が上  − 20%
      つま先が下  − 80%
     
     こういう感じです。「私たちは、本当の日本の日常に気付いてないことが多い。」と佐藤教授は書いてます。

    ・そう言えば、最近、野良犬を見た?
      見た     − 12%
      最近見ない  − 88%

     「日本のスイッチ」は携帯電話が日本を写す「スイッチ」の役割を果たし、日常のたわいもない事に関しても瞬く間に3万人が答える社会的な装置だと言ってます。扱われているのは時事的なものから、ゆるい質問まで様々です。

     季節外れですが、ホタルがそこそこの集団で光っている所を見たことありますか?私は数回しか見たことないのですが、すごく綺麗です。そして、そこそこの集団なのに光の点滅がシンクロしている事に驚きました。光るリズムが同期していて、一気に光ったり消えたりする。電線で繋がった電球が光っているような感じです。世界中のホタルがそうなっているわけではないようです。ホタルの種類にもよるらしいです。
     「同じことが同時に起きる」−これはなんでもないことに思えます。たまたま同時に起こる事であればなんでもない。自分の車のウインカーの点滅のリズムが前の車のウインカーとたまたま同じリズムで「カチカチ」いう事があります。しかし、それはしばらくすると少しづつずれる。たまたま同じリズムで同期したものは時間が経つとずれる。でもホタルのそれは明らかに同期している。絶妙にシンクロしてる。このホタルがシンクロして光る事について、数理生物学者が書いた本があります。


    「sync」スティーヴン・ストロガッツ(著)

     本書で扱っているのはなにもホタルだけでなく、シンクロする様々な事、例えば心臓が拍動するリズムを作り出す洞房結節で1万個の細胞がシンクロする現象や、非生物の同期現象などシンクロする事全般について詳しく書いてあります。「同期とは、奇妙であると同時に美しい現象でもある。それが奇妙に思えるのは、物理学法則に反するように見えるからだ。」と本書にありました。これを読んで、私はあの「日本のスイッチ」のひとつを思い出しました。

    ・シンクロナイズド・スイミングという種目?
      きれいで好き − 58%
      ちょっと妙だ − 42%

     こういう結果になってました。答えの結果としては半々といったところです。シンクロという現象が「自然に起こる」とは考えにくいモノです。シンクロさせるには相当な努力が必要と考えてしまう。だから水泳のシンクロを見ると、その同期している運動の向こう側にすごい努力が見え隠れしているように感じて、私は単純にすごいなと思う。時間的に同じタイミングで同じ事が起こるという現象は滅多にない。そのまま放っておくと、どんどん無秩序な状態が増大していくばかりの気がする。しかし、自然の事物には他の個体と結びつきをつくって、動作の周期を一致させる傾向があり、これがもとで、誰の指図も受けないのに、自然に秩序が生まれる仕組みになっているようです。「給水と排水を繰り返す1万個のトイレのタンク」が同期していく例えを使ったりして数学的には高度ですが一般人にもわかりやすく書いてあります。また、本書には「スモールワールド・ネットワーク」についての記述もあります。「世界中の人とたった六人の他人によって隔てられている。」という「六次の隔たり」についてです。あの「mixi」の考え方の元です。この「sync」の著者「スティーヴン・ストロガッツ」とその教え子の「ダンカン・ワッツ」がネイチャー誌に「スモール・ワールド現象」を1998年に掲載してます。「mixi」などの「SNS(ソーシャルネットワークサービス)」は「六次の隔たり」の仮説を元に作られてます。この「スモールワールドネットワーク」についても、いつか書きたいです。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

    次回は、「平成男子図鑑」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「その方が、見えるって話だよ。」
    | book | 05:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    確かにシンクロという現象は不思議ですね。
    同じホタルでも地方によってその発光リズムが異なるみたいです。
    男子新体操という競技があります。
    男子シンクロナイズドスイミングはメジャーになったかもしれませんが、こちらはやはり・・・
    | 薬剤師 in shizuoka | 2007/10/19 9:20 PM |

    シンクロって、言う言葉の意味を初めて知りました。
     そこから言うと、シンクロナイズドスイミングは実はシンクロじゃなかったってこと!?
    へぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇへぇ・・・・・8へい

    毎度、勉強になります。
    | tatibanasi | 2007/10/20 2:50 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/521034