SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「ピタゴラスイッチの人」
0
     「面白いモノ」はなんでも好きです。「面白いモノ」と言っても、それは人によっても違うと思います。クスッと笑えるものから、大笑いするもの、さらに大爆笑してしまうモノまで、「面白いモノ」の種類は様々です。「A」と「B」という人がいて、「A」という人が笑ったから、「B」が必ず笑うとも限りません。その人それぞれに反応のランクがあると思います。「A」のランキング、「B」のランキングと言った感じです。

     反応のランクを昇順に並べると、クスッと笑う大笑い大爆笑…等と表現できると思います。そしてその先にある面白さを言い表す言葉が浮かびません。そこで、その「大爆笑」の先にある面白さを表現する言葉を仮に「なんか面白い」とします。「面白いモノ」の中での最高ランクが「なんか面白い」です。「なんか面白い」モノには、もはや笑いすら起こりません。観たり聞いたりしただけで、その対象に巻き込まれ、引き込まれてしまう。心を奪われる。そして笑うことはなく「すごい!すごい!」と思う。本当に面白いものに出会った時に感じる感覚は「すごい!」です。笑いがないのなら、大爆笑の次に来るのはおかしいのではないか、と言われそうですが以下の話を進める上で「なんか面白い」の定義を勝手にこういう感じにします。

     佐藤雅彦教授の作るものは、私にとって「なんか面白い」です。多くの人にとってもそうだと思います。NHKの「ピタゴラスイッチ」という番組をご存じですか?

     一番初めにこれを観たときは声を上げて喜びました。今でもやっているので百聞は一見にしかずです。観ていただくのが一番良いと思います。私のブログで良く引用させてもらう脳科学者−茂木健一郎氏の著書「やわらか脳」のなかで「ピタゴラスイッチ」について触れられている所があります、著者はたまたま「ピタゴラスイッチ」を観て、その中のコーナー「アルゴリズム行進」に感激していました。私も「ピタゴラスイッチ」の中では非常に秀逸なコーナーだと思います。口での説明は難しいです。(ぜひ→コチラをクリック)これは航空会社の人とやっています。結構真面目な職業の方と一緒にやっている事が多く、(消防署の職員とか…)そのシュールさがたまりません。
     人によって様々だと思いますが、漫才や落語、コント等で非常に面白い「大爆笑」するモノがあったとします。私が思うに、「大爆笑」ネタは1回目はすごく面白いです。2回目もそこそこ。しかし繰り返し観ていると、だんだん笑いの再現性が低くなってきます。刺激性の強い笑いです。何度も観ていると笑いの再現性が下がってくる、なんかこの感じは「すごい手品」を観たときと同じような感じ。「ああ、これ観た」となるとそんなに面白くなくなる。その点、「なんか面白い」クラスの面白さになると笑いの再現性が高く、何度観ても納得します。特にこれは何度も目にする事になるCMなんかですごく重要だと思います。何回観ても「なんか面白い」。

    「バザールでござ〜る。」
    「ポリンキー、ポリンキー」
    「ドンタコスったら、ドンタコス。…」


     CMには意外としっかり目を通す方です。刺激的で、いわゆるクールなCMが最近多いです。しかしCMプランナー時代の佐藤教授の作った上のようなCMは「なんか面白い」。今観ても新鮮だと思います。

     前回も書きましたが、さらにあの「だんご三兄弟」やら、ゲーム「I.Q 〜intelligent qube〜」も佐藤教授です。本当にすごい方だと思います。著書もたくさんあって、


    「四国はどこまで入れ換え可能か」

    「経済ってそういうことだったのか会議」

     上の本はショートコミックです。クスクス笑いができます。タイトルにもなっている部分では、「四国」を「あるもの」と見事に入れ換えています。竹中平蔵氏のあの経済の本も佐藤教授と共著です。

     「なんか面白い」モノ、私も死ぬまでにひとつぐらい作ってみたいもんです。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次回は、「世界征服は可能か?」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「俺にも、壁がすごい事はわかるけど。」
    | diary | 07:31 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    こんなにいろいろしている人とは知りませんでした。

    実はピタゴラスイッチ知らないのですが、「アルゴリズム行進」見ました!面白いですね。

    最上級の面白さが「なんか面白い」というのがなんか面白いです。
    | shin-ji | 2007/10/15 4:15 PM |

    ピタゴラスイッチ、僕も好きです。以前にピタゴラスイッチで「いたちのたぬき」というのをやっていて、かなり感動したのを覚えています。非常に「なんか面白い」という感じでした。
    | keipapa | 2007/10/15 9:16 PM |

    ピタゴラスイッチ 知りませんでした。
    どこで切れるの?ピタゴラス・イッチ?

    でもアルゴリズム行進はほんと面白かったよ。
    | 薬剤師 in shizuoka | 2007/10/16 10:39 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/518990