SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「飛行艇時代」
0





     「飛行艇」(ひこうてい)です。「機」じゃなくて「艇」です。引用して並べただけです。なぜか「宮崎駿」っぽくなります。3つめは「紅の豚」の飛行艇のモデルです。

     「飛行艇」は水上や海上で離着水できる、「船」に翼がついたような飛行機です。胴体が船の形をしている。だから、大きいモノになるとなんとなくクジラが空を飛んでいるようなやさしい感じになる。宮崎駿作品に出てくる飛行機はほとんど「飛行艇」もしくはそのような形をしてます。「紅の豚」は原作として描いた漫画が、「飛行艇時代」というものです。原作も読みましたが映画になっているものと話も全く同じでした。ちなみに「風の谷のナウシカ」は全然違います。
     
     「紅の豚」では空中での戦闘シーンもあります。なんとなく飛行艇の「やさしさ」で、「空中で撃ち合い」をしているのに、年齢を選んでない作品になっていると思う。ただ、トトロ的な作品と比べると明らかに対象年齢(作品をみて喜ぶ年齢)は上だと思います。宮崎駿本人もいささか趣味に走りすぎたと言ってるようです。

     「紅の豚」について改めて考えると、主人公はブタです。宮崎駿が「飛行艇乗りのブタ。をプロデュース」すると、なんの違和感もなく格好良くなります。かなりキザなブタですが、不自然さを感じません。彼がブタであることを劇中に忘れます。さらにタイトル的には「ブタ」ではなく漢字の「豚」です。漢字だとさらに「ブタ」らしさが増しますが、それでも不思議と格好いい。


    「飛ばねぇブタは、ただのブタだ」

     前回も書いたように、宮崎駿的な機器は理屈を全く無視したものじゃないです。宮崎駿の実家が飛行機工場だったというのを知って、納得いったところがいくつもあります。「紅の豚」主人公のポルコが馴染みの飛行機工場「ピッコロ社」で飛行艇を修理するシーンなんかは、飛行艇が「家内制手工業」的に作られるのが面白いです。お母さんたちが、「弁当」でも作るようにバタバタと飛行艇を作っているのが楽しい。この辺りの発想は現場に居た人じゃないとなかなか難しいと思う。こういうところが、宮崎駿っぽい。ただ楽しいという視点だけじゃなく、戦争時代に似たような経験をしたという視点でみるとまた違ってくる。



     そう言えば、宮崎駿の作品って出てくる人が飛ぶのが多い。「ナウシカ」も「魔女の宅急便」も「ラピュタ」なんかも。もし、宮崎駿の実家が飛行機工場じゃなかったら、自由自在に空を飛び回る作風が違う感じになったかもしれない。

     勝手にいろいろと書きました。宮崎駿作品については機会があればまた書きたいです。

     
     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次回は、「ホイチョイのブレーン達が問う」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「自然に出来てきたって事?」
    | diary | 06:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    紅の豚好きです。主人公がかっこいいですよね〜。

    あの大きいクジラみたいな飛行機は飛行艇というんですね。かわいくするために描いているんだと思ってました。海に浮かぶようにできているんですね。納得です。

    毎回すごく楽しみにしています。これからもがんばってください!!

    | ハシ | 2007/10/10 4:31 PM |

    紅の豚 懐かしいですね。
    確か大学1回生の時でした。
    夏の暑い日に見に行ったのを覚えています。

    宮崎駿の魅力の1つはご指摘のとおり、乗り物ですね。
    ラピュタがすきですが、これに出てくるフラップター?
    は少し非現実的に思えますが、あったらいいなと感じてしまいます。
    | 薬剤師 in shizuoka | 2007/10/10 11:45 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/515658