SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

hi-bo.capsule-design.net

24時間、調剤漬けの薬剤師。その思考履歴。
<< 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 | main | 〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜 >>
「インビジブル・ショッピング」
0
     あのKDDIが9月29日より「DVD Burning」というサービスを開始したようです。簡単に書くとDVDのデータをダウンロード購入し、それを自分のパソコンでDVDに焼いて仕上げる。(DVD Burning)そしてそれをパソコンやリビングで見るというモノです。データを購入するだけなので、もちろんそのままDVDを買うよりは安いようです。ダウンロード購入の部類では比較的新しい方法だと思います。
     音楽、本、ソフトウェアなどダウンロードだけで買えるモノが増えて来ました。しかし、それには自ずと限界があります。ダウンロードできるのは、「データ」だけです。せいぜいジャケットの画像が付いてくる程度です。

     なにか熱狂的に好きな歌手やグループがあるわけではありませんが、並に音楽には興味を持ってます。初めて音楽に興味が沸いたのは小学校の頃だと思います。テレビから流れるアニメの主題歌を「ラジカセ」でカセットテープに「生録」していました。外付けマイク等の洒落たモノもなく、また直接接続するような知恵もなかったので、テレビの音量を上げて「ラジカセ」をその横に置いて「生録」してました。それより、少し年齢が上がるとラジオの音楽番組を録音するという知恵がついてきて、それを録音していました。音楽に関わる初めての買い物は「レコード」です。多分、渡辺美里のレコードが初めてだったと思います。まだCDは普及していませんでした。そのころ「アルバム」はカセットテープでも出ていました。友人が買ったチェッカーズのカセットテープアルバムをダビングさせてもらったりしていました。
     録音の媒体もカセットテープが次第にMD(ミニディスク)になり、そしてそのMDも市場から消えようとしています。現在はプレーヤーそのものに小さなハードディスクやシリコンディスク等の記憶媒体が備わってます。そういったモノは少し前からありましたが、現在のモノは大幅に記憶容量が増えてます。最大で40000曲録音可能などというのもあります。

     KDDIの「auブランド」で2004年にサービスを開始した「着うたフル」。「フル」というのは、もともとあった「着うた」というサービス(サビ部分だけの小さいデータだった)との差別化で、「一曲まるごとです。」と言う意味の"Full"と音楽データが空から?「降る」(ダウンロードする)という意味をかけているのだろうとCMを見て勝手に考えました。
     「初めて買ったレコードは?」という言葉は、悲しいですが「死語」になりつつあります。はじめて買った音楽が、「着うたフル」のダウンロード購入だったという中高生も多いのじゃないだろうか?カセットテープもMDも使ったことないという人達もたくさんいると思います。iPodや携帯電話で音楽を楽しんでいる世代です。
     はじめて買った音楽が、「着うたフル」でない私は、ダウンロード購入が「実体」を伴わないことに少しばかり寂しさを覚えます。かつて、自分のカセットテープやMDには凝ったラベルを付けたりもしていました。ベスト盤を勝手に作ったりしていた。レコードはジャケットが見えるようにして置いていた。録音媒体は「音楽を録音する場所」だというだけでなく、目に見えない音楽を「実体」として感じさせてくれるものです。データだけでは感じることのできない「ぬくもり」を覚える事ができます。学生がiPodや携帯電話をシールやキラキラしたビーズのようなモノを使ってデコレーションしているのも、「自己表現している」ということ以外に、冷たい電子機器を自分の物として実感する為の手段なのだろうと思います。

     ダウンロード購入がどれだけ進化しても、まだしばらくは実体のある本や、CD、DVD等のメディアは無くならないと思います。団塊世代の影響でむしろレコードなんかは復活の兆しを見せてます。進歩する技術の方向と、現代を生きる生身の人間が望んでいる方向は、必ずしも一致しないもんです。どんなに技術が進んでも、生身の人間が真に望んでいるモノは、いろんな意味で「あたたかい」モノのようです。


     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     次回は、「望んでいる方向への言い訳」です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

    〜 本日の「ポジティブに生きる!」 〜

    「この高さだからな。」
    | diary | 06:58 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    確かにMDは消えそうになってますね〜

    持ってるMDはどうしたらいいのだろか??

    近頃、時代についていけてない!!このブログからの情報。すごく貴重です!!

    iPod買おうかな?
    | shin-ji | 2007/10/03 4:32 PM |

    昔はペーパーレスだ何だと言ってたけど、最近、紙の媒体で見ることを望んでいる自分に気がつきます。
    急激な技術の進歩に人間はすぐについていけないということを身をもって実感します。
    技術に追いつくように徐々に人間も進化するんだろうと思いますが、そう考えると、僕はすでに旧人類なのかなとも思います。
    | keipapa | 2007/10/03 8:18 PM |

    >昔はペーパーレスだ何だと言ってたけど、最近、紙の媒体で見ることを望んでいる自分に気がつきます。

     ペーパーレス化を絶叫していた私も、同じ事考えてました。データで扱う事にはメリットしかないと盲信してた所はあるね。メリットは大きいけど、メリットばかりではないと実感してます。

     最近、すぐに眼が疲れるよ。
    | hi-bo | 2007/10/04 5:56 AM |

    私も子供の頃は同じようにラジカセをTVの横に置いて「生録」しながらベスト10なんかを見ました。
    初めて買った音楽は、「ランナウェイ」。もちろんレコードです。
    | 薬剤師 in shizuoka | 2007/10/04 9:25 AM |

    >初めて買った音楽は、「ランナウェイ」。もちろんレコードです。

     このリアルさが面白い。このコメント見てから、頭の中がずっと

    「ランナウェ〜イ、らんなうぇい。」

     ずっと回転してる。
    | hi-bo | 2007/10/04 1:13 PM |

    なつかしぃ・・テレビの前でカセットデッキ置いて録音してたよね〜。
     みんなで息ひそめて、声が入らないように口閉じてた。
    そんな時は何もないのに笑いたくなったりして、おもしろかったなぁー。 FMヒットパレード録音して編集したカセットを一週間大事に聞いてたりしてた。
     時代に取り残され気味の私は、今でもカセットが一番便利だったと思っているし、ドラクエもファミコン時代が一番面白かったと思っています。。。。。
    | tatibanasi | 2007/10/04 11:02 PM |










    http://hi-bo.capsule-design.net/trackback/511271